格安SIMの種類

格安SIMの種類

格安SIMの種類

格安SIMを機能面からみて大きく分けると、データ通信専用の格安SIMと、データ通信+音声通話にも対応している格安SIMの2種類があります。
音声通話とは従来のキャリア3G音声通話のことをさします。

 

データ通信専用SIMの場合であっても、IP電話サービスに加入をしたり、無料通話アプリを利用することによって通話は可能になります。

 

このデータ通信専用の格安SIMと、データ通信+音声通話にも対応している格安SIM、2種類をベースに下記のことを比較すると自分に合った格安SIMを見つけることができるでしょう。

  • 料金と契約形態
  • SMS機能の有無
  • IP電話や公衆Wi-Fiなどの付加サービスの有無
  • LTE対応の有無
  • 最大通信速度
  • データ通信容量の上限
  • 制限時の通信速度
  • 容量追加の可否
  • 対応するSIMサイズ   など

 

なお、ほとんどのMVNOはこのデータ通信専用格安SIMにSMSの機能を付けたタイプのSIMも別のパッケージで提供しています。

 

データ通信専用格安SIM

データ通信専用の格安SIMでは、「090」・「080」から始まる携帯電話番号を使っての音声通話ができないんんです・・・。
最近は、ほとんどの格安SIMが高速のLTE通信に対応しています。
機能をデータ通信に絞っているため、中には月額700円以下で利用できる格安SIMもあるんですよ。無料通話がない分、「格安」が実現できるのです。
また、タブレットで格安SIMをご利用の場合は、データ通信専用の格安SIMにすると良いでしょう!
そして、スマホを2個持ちしている方で、サブのスマホを格安SIMにする場合も割安となる、データ通信専用の格安SIMがお勧めです。

 

音声通話対応格安SIM

一方、音声通話が対応になっている格安SIMでは従来通り「090」・「080」・「070」の番号で通話発着信やSMS送受信が可能です。
キャリアサービスの多くは利用できませんが、その他の面では、キャリアのスマホと使い勝手に変わりはないと言えるでしょう。
っもちろん、緊急電話や一部のフリーダイヤルへの発信も可能になっています。
月額料金はデータ通信専用SIMよりも数百円から、1000円ほど高くなるのが一般的です。
通話料は20円/30秒で、基本的に無料通話分はありません。

イオンモバイル


ホーム RSS購読 サイトマップ