イオンモバイル メリット 店舗 店頭 解約金

イオンモバイルなら店舗があるので店頭で受け取ることが可能!

イオンモバイルなら店舗があるので店頭で受け取ることが可能!

店舗がある

イオンモバイルの一番のメリットは、店舗があることではないでしょうか。MVNO※業者ではありませんが、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは店舗があるのが当たり前ですが、格安SIMを販売している他のMVNOは、店舗を持たずにネット販売のみを行っている会社がほとんどです。イオンモバイルもネットでの販売も行っていますが、イオンの店舗があるので、店頭での販売も行っています。店頭には店員もいて、契約のことから端末のことなど分からないこと、聞きたいことなど、その場で確認することができますし、その場で端末を受け取ることができます。ですから、不安なまま契約してしまうこともないでしょう。購入してからも店頭に行けばサポートを受けることもできますし、元々、イオンに買い物に行く機会が多い方になら使い勝手がいいのではないでしょうか。店舗があり店頭には店員がいる。これは他社にはない大きなメリットだと思います。
※MVNOとは、ドコモやKDDIの回線等を借りて移動通信サービスを提供する会社です。設備投資の必要がないので、安価でサービスを提供することが可能です。いわゆる格安SIMを販売している会社です。

解約金がいらない

イオンモバイルは、契約による縛りがなく、いつ解約をしても解約金がかかりません。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは2年契約が一般的で、その間に解約をすると解約金がかかります。他のMVNOについても、プランによる違いがあるようですが、最低利用期間が設定されていて、その期間内に解約すると解約金がかかってしまう場合があるようです。でも、イオンモバイルは、解約金がかかりません。ただ、端末を分割払いで支払している場合は、その支払いはしなくてはいけませんので、注意しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ