格安スマホとは

格安スマホとは?

格安スマホとは?

そもそも、格安スマホって何?という方のためにこちらのページでは格安スマホについてわかりやすくご説明いたします!

 

まず、格安SIMというのは、大手キャリアの回線を借りているMVNOが利用者に安い通信量で提供しているサービスのことをいいます。
では、「格安スマホ」とは一体どんなものなのでしょうか?格安SIMとは何が違うのでしょうか?

 

格安スマホとは、価格の安いSIMフリーのスマートフォン本体のことをいいます。
格安スマホのみでの購入もできますし、また格安SIMとスマホをセットで販売をしている場合もあります。
また、格安スマホの価格は基本的には1万円〜4万円くらいです。最近では高性能の5万円台のスマホも多く登場しています。

 

キャリアのスマホと格安スマホの違いって?

では、キャリアスマホと格安スマホの違いって何なのでしょうか?
ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアでもスマホを販売していますよね。
ですが、格安スマホとして出ているものとはラインナップが違うんです。では、この違いとは何なのでしょうか?

 

ドコモなどで販売しているスマホは、基本的にその年に発売される最新の機能やOSを搭載したものがほとんどになっています。
また、キャリアのスマホの場合は、最新機種であると同時にキャリア独自の様々なサービスを利用することができるというメリットがあります。
ドコモならdビデオやdミュージックといったコンテンツ、またキャリアメールと呼ばれるキャリア専用のメールなどがあります。

 

こうしたコンテンツやメールが使えるアプリが最初からインストールされている場合が多いので、端末を購入したらすぐに使えるようになっているのです。

 

一方、格安スマホの場合はこういったキャリア独自のサービスは一切使えません。
なぜなら、格安スマホはキャリアのコンテンツを利用できるように作られているわけではないからです。言ってみれば素の端末だからです。
インストールされているのはOSと基本のアプリくらいなので、ほとんど空の状態です。
他のアプリは問題なく利用できるので、キャリアメールや独自のコンテンツにこだわりがないのであればなければ格安スマホでも特に問題なく使うことができます。

 

格安スマホはSIMフリーと呼ばれる端末となっていて、どこの会社のSIMカードでも利用可能な端末となっています。
そのためもしセットで購入した格安SIMを解約しても、端末は他の格安SIMで契約して使うことも可能です。
端末代金の割引などはありませんが、端末の本体価格も比較的安く2年縛りもないのでとても便利です。

 

以前は格安スマホはASUSやHuaweiなど主に海外のメーカーのSIMフリースマホが多かったのですが、最近では国産メーカーのものもたくさん出ています。
また、古いモデルやスペックを抑えたものだけでなく高スペックなモデルも登場しており、端末の性能だけ見ればキャリアのスマホとの差がなくなりつつあります。

イオンモバイル


ホーム RSS購読 サイトマップ